絶版百合作品(一般)
amazonマーケットプレイスの最安値が表示されるようにしておきました。ブラウザの文字サイズが大きすぎると数字がはみだしてしまうようなので適当なサイズでご覧ください。価格が出てないものは多分品切れ。

たのみこむ 復刊ドットコム イーブックオフ ライブドアブックス

百合度★★☆☆☆
ミラクル☆ガールズ(秋元奈美) 双子ファン必見。私を双子フェチへの道へと引きずり込んだ罪な作品。運動神経抜群のともみと、頭脳明晰のみかげは手をつなぐことから超能力が使えます。どっちにもBFが出来てしまいますが、シリーズの基本はふたりの双子の関係。
百合度★★★☆☆day alone〜マノーラと姫ちゃん〜(あきよし 菜魚)百合的な評価ですが、一応男がいます、のでそれほど高くは出来ませんね。しかし「私は彼に感謝したい。彼女とめぐりあわせてくれたことに」の台詞がすべてをあらわしているとおり、男はほんとにおまけみたいな扱いです。恋愛感情ではなくあくまでも友情ですが、主人公と姫ちゃんの絆はあきらかに男とのそれよりしっかり描かれてます。実際交際しているにも拘らず男はほとんど出番がない状態ですし。ただ、百合的にはともかくストーリー的にはちょっと悲しい一面も作品に含まれているので、そのへんは考慮しておいたほうが良いかも。本に挟まっていた小冊子によると作者さんはやおい方面も描くみたいですが、TLも描くようなので、それはたいした問題ではないですね。女の子の顔が男みたいにゴツゴツしてるとか、そういうことは一切ないです。公式サイトのほうにも女の子絵がありますし、いやいや女の子同士モノを描いたと心配する必要はないでしょう。話の展開は良くも悪くも映画的です。映画のノリが好きな人はどうぞ。
百合度★★☆☆☆ツインズナース(後野まつり)朝起きてこないカナコにアヤコが布団まきしたり、歯磨きで洗面所でぎゅうぎゅう押し合って喧嘩したり、アヤコのほうが体重が多くなってしまったことで僻んだり、クリスマスにお互いでプレゼント贈りあったり(金券ですが)とか……。とにかく双子萌えなシチュエーション満載です!双子フェチの人は是非!冷静に分析しますと、ギャグのほうがちょっと弱いところがありまして、4コマ漫画なのに4コマ目でオチてないことがしばしばあったりしますが、そんなことはどうでもいいのです!この作品、とにかく癒される!作者さんは本物の一卵性双生児だそうで、漫画家の作者が看護婦の妹さんを題材に描いた作品だそうです。……ごめんなさい、作者本人にも萌えてしまいました(爆)。双子フェチ度★★★★★恋愛要素がないので百合好きのすべてにおすすめとはいえないですが、双子物件としては最高ですね。 

クレセントノイズ
(天野こずえ)
森野このはさんの情報より。
百合度★★★☆☆マイ・ダイヤモンド ドラマチックLOVE(池田理代子)かなり古い少女漫画の短編を集めた文庫本。2・3本百合といっても良いようなお話が入ってたので買ってきました。どれも単純にラブラブなお話ではないのですが、愛したり憎んだり、少女漫画ならではの人間関係の描写が描かれてます。昔の少女漫画の百合を勉強することも出来ますね。【該当作品】●「ゆれる早春」池田理代子……生意気な下級生をいじめているうちに、なぜか好かれてしまい、当惑しつつも自分も徐々にハマってしまう。キスシーンなどもあります。しかしラストで唐突にバッドエンドになる。このへんは昔の少女漫画らしいですね。痛さを楽しみましょう(苦笑)●「二つに割った銅メダル」庄司陽子……ライバル関係にある水泳選手同士が競い合いつつ協力し合いつつ友情を育むお話。姉妹でもないのに「おねえさんってよんでよ」などというシーンもあります。ラストもバッドエンドでなくて収録作品の中では一番無難な百合物件。●「白い影法師」美内すずえ……病弱で友達のいない少女が、転向してきた少女とレズじゃないかと噂されるほど仲が良くなります。   

東京ミュウミュウ(征海未亜)
 
百合度★★☆☆☆2巻から登場するざくろとミントが百合。アニメは散々な出来でしたが漫画版は絵柄も可愛くて良いですね。  
百合度★★★★★ひ・め・こ・と(石田あきら)女同士ということに対する抵抗感みたいなものは微塵もありません(笑)。ガンダムやらなんやらひたすらオタクな展開。成人向けではないですが、ちょっとHです。  
百合度★★★☆☆しすこれ―うんっやっぱりコレしかっ!! (うおな てれぴん)
お姉ちゃんにいろいろコスプレさせようとする妹の話。
百合度★★★☆☆Cute Bee Babies(央己 あゆり)主人公ふたりがとにかく可愛い!恋愛といえるほどの関係ではないですが、Cuteで百合なイラストを見るためだけでも一見の価値があります。前半はみかるといちゃつく紀ちゃんが見所。後半ちょっとシリアスな展開にはなりますが、男と絡むこともなく最後はふたりでハッピーエンド。
百合度★☆☆☆☆UNI TWO 2 (央己 あゆり)
巻末の短編がやや百合っぽい。キャラクターは声優ネタ。
百合度★★☆☆☆アタック・オン (おおばやし みゆき)
バレーボールもの。基本はヘテロものですが、あかりとゆうきの友情が良い感じです。「スパーク!!ララナギはりけーん」が好きな人はこちらも読んでほしいですね。
百合度★★☆☆☆恋するタロット (おおばやし みゆき) 基本はヘテロ。しかしおおばやしみゆき先生の描く女の子二人組みって、ほのぼのしてて癒されます。作品自体は打ち切りっぽい(泣)。「ちゃお」掲載時から多少書き足してあります。最近はおおばやし先生の作品も打ち切られる事は少なくなったようでそれは結構なことなんですが、何か作風が変わってしまったような気もしてちょっと寂しい気も。巻末の後藤羽矢子先生とのやりとりとか面白いですね。
百合度★★★★☆Hen (奥 浩哉) 「変」という作品をシリーズ化したもの。「変」だけでも別に良いけど新シリーズのほうが絵柄ははるかに上達している。(途中話が脱線ばかりしてなきゃ満点だったのに)
百合度★☆☆☆☆ココロノ音(香村 陽子) ストリートミュージシャンのクラスメートに主人公が憧れるお話です。恋愛感情には至らないのですがなかなかの良作。
百合度★★☆☆☆禁断愛 (神代 京子) タイトルからしてTLっぽいし作者さんも現在TLでも活躍してる人なんですがこの作品はそういう方向の禁断じゃなくていわゆるカニバリズムだったり。
「LaLaLa…」とかが楽しめる人なら良い物件なんじゃないかと……。
KISS OF LIFE(きみづか葵) 百合度★★☆☆☆
百合度★★☆☆☆針とオレンジ(きづきあきら)レビュー
百合度★★★★☆学級レディチコちゃん (木村屋 いづみ)
出版社の関係か、成人向けの本にみえますが、中身は健全なギャグもの。濃厚ではありませんが、軽いノリで楽しめます。この作者さんは最近Video Letterという作品を出されましたが、こちらも百合度は高いです。
百合度★★☆☆☆魔狩人の血族草薙ミコト(木村屋いづみ)『チコちゃん』に比べると若干H度が上がったような気もしますが、基本的には同じノリ。 表題作でない短編が良い感じ。続きを読む 
ダイナマイト・ハニー (倉上 淳士) 百合度★★★☆☆
百合度★☆☆☆☆レイとルリのスイートライフ (こいずみ まり)ルックスは格好良いが中身は乙女なレイと、外見は乙女チックだが中身はオヤジのルリの同居生活の話。口紅の切れたレイに、ルリが自分の口紅を分けようと唇を合わせようとしたり格好良いレイがバレンタインに女の子たちからたくさんチョコを貰ったり、好きなタレントが女性タレントと聞いてルリが「レズ?」と疑うシーンなどがあります。
百合度★★☆☆☆B型同盟 1 (高河 ゆん)
双子もの。B型に人間が突然ネコになってしまう話。「誰にも言わないけど愛してるわ」等のセリフあり。未完。エイミとマチルダのふたりはまた見てみたいよな〜。「LOVELESS」が好きな人はこちらも是非。
百合度★★★★☆うたかた(小梅けいと)これは非常〜に良いですよ。心なしか百合度もアニメ版より高くなっているような気がします。うちのサイト的には「うたかた」といえばこれが決定版!未知留ちゃんってこんなに百合度高かったっけ?機会があれば「チューしてください」と一夏に迫っています。あと一夏をめぐってバトルしたり海で溺れた一夏に人工呼吸しようと顔を赤らめつつ迫ってきたり……。一夏と舞夏も「一夏、今日もするの?」「だめ……ですか……」「ううん、うれしいよ」「あ……」のような妄想を喚起するやりとりがあります。ここは結局オチがつくのですが。浴衣を着た一夏に後ろから舞夏が胸を触るシーンなんかもあります。最後に一夏と舞夏がキスするシーンもアニメと同じくあります。ただしやおいカップルのキスシーンはカットされてました(結構なことだw)。一般誌なので露骨なエロはないですが、一般誌的なサービスシーンもあちらこちらにあります。アニメ版は暗すぎてそういうのを楽しむ気分にもなりませんでしたが、こちらは明るいせいかわりと気楽に楽しめます。  
百合度★★☆☆☆ちえのわ(小だまたけし)百合的には桐子に憧れる千曲がやっぱり一番の見所でしょうか。ただファンタジック学園ストーリーと上でも説明されているとおり、ファンタジー、SF的要素が非常に強いです。桐子なんかは終始身体を乗っ取られてますしね。この乗っ取られた桐子を百合的にどう評価するかで百合度の高さは人によって違ってくるでしょう。ただ、表紙を見ても分かる通り、ビジュアル的に百合な場面は多いです(キスとかないけど)。表紙でも桐子が千曲に抱きついてますが、これは純粋な愛情表現ではなく、抱きついてると力が回復してくるというSF的設定のひとつです。まぁその後力が必要なくなったあとも癖になってしまってますけど。若干絵柄が古いように感じたのは私だけでしょうか。でも結構良い味を出してるので、これはこれで良いと思います。男性向け漫画の中ではかなり私の好みな部類です。千曲可愛いしね。ストーリー的にもファンタジーとしては面白い話だと思いますし、男性向け(非成人向け)漫画の中では良質な作品だと思います。出版社が倒産しちゃったけど続きは……?(汗) 
百合度★☆☆☆☆ ライン(小手川ゆあ)サイコサスペンスもの?ノリはやや少年漫画寄り。基本的な主人公は表紙画像通り女子高生ふたり。どちらかの恋愛感情が確定するでもなく、それどころか爽やかな友情の場面すらないので、百合物件でないと言ってしまうことも出来るのですが、物語は終始ふたり一緒にいるシーンばかりですし主人公がバランスを崩したところをバンドーが後ろからささえたまま固まってしまって変な雰囲気になったり、「バンドーさぁあいつズーレーじゃ?いっつもチーコみてるし」と主人公の友達が噂するシーンがあったり、それを聞いた主人公がまたバンドーの元に走ったりと、百合妄想出来る箇所はたくさんあります。あと途中で挿入される扉絵が百合っぽくて非常〜に良い感じです。というわけで、理論的に評価すると百合度は低い作品ですが、妄想はしやすい作品であると言えるでしょう。個人的にはかなり百合妄想できたので満足でした。ただし作品の主題のほうはいまいち納得が出来ない部分(長くなるので割愛)もあるのでこっちは微妙か。 
百合度★★☆☆☆ひみつの階段 (紺野 キタ) 新装版には入ってない短編、「白日夢」がなかなか百合っぽいのでこちらの旧版もチェックしておきましょう。
百合度★★★☆☆乙女は祈る―ひみつのドミトリー(紺野キタ)「ひみつの階段」の続編。ひとつ男性絡みの話もありますが、百合的に非常に良い作品も含まれています。  
百合度★★☆☆☆
poison(佐伯かよの) 
双子もの。全3巻……ではないはず。4巻はいったいいつになったら発売されるやら。というわけで未完です。余命幾ばくもないない姉の運命やいかに!?続きがめっちゃ気になる〜。
百合度★☆☆☆☆楽園(桜小路かのこ)該当作は巻末短編の「笑う人形」。突然の友達の死。ふたりがいつも一緒にいたことから、彼女そっくりの人形を作って主人公に「君の傍においてくれないか」と言う死んだ彼女の父親。いきなりあやしすぎですね(笑)。付きまとってくる不気味な人形が良いです。勝手にカバンの中に入ってきたりベッドの中に潜り込んできたり自分の席にちゃっかり座っていたり……。なんとも愛らしい人形です(笑)。実は主人公には過去がありまして、いつも一緒につきまとわれていた友人が煩わしかったのです。あまりにべったりなため周囲から孤立していくふたり。……そんな友人が怖くなって、主人公は友人を窓からつきおとしてしまします。死んだ友人は人形に乗り移って……これからも主人公は人形とずっと一緒の人生です。いやあ、なんとも楽しそうな人生ですね。幸せな主人公のこの先の人生に乾杯!(笑)  
百合度★★★☆☆あなたとスキャンダル(椎名あゆみ)続きを読む
百合度★★★★☆みんみんミント(士貴智志) あんまし中身のない漫画ですが、私はこういう馬鹿馬鹿しい話は好き。士貴智志は『光と水のダフネ』というアニメの原作もしてます。こちらも女の子ばっか出てくるちょっとお馬鹿な作品で、管理人イチオシです♪ 
百合度★★★★★アルトの声の少女(篠有紀子) 最初はわがままな麻美が鼻につきますが、よく読んでいくとだんだんこれが良くなってきます。古典的な百合作品で、年配の方のファンは多い。続きを読む
百合度★★★★☆ココロ図書館(高木信孝)姉妹ですがお姉ちゃんが妹にラブラブです。私はロリプニ系が苦手ですが、作画は綺麗。 
百合度★★★★★PUREまりおねーしょん(高木信孝) アンドロイドのあのんが友達を100人作るために女学園に通うお話。萌え系の百合が好きな人は要チェックでしょう。男も出てこず、安心してひたすらまったり楽しめます。2巻では1巻に比べても恐ろしく百合度が上がっていて甘々です。告白あり、抱きつきあり、一緒にお風呂あり、女同士の嫉妬あり、ラストは結婚式でおまけに誓いのキスまでしてしまいますか。いやはや、ここまでくると何も言えませんね(笑)。百合姉妹に載っけても充分通用する作品でしょう。話はひたすら「萌え」を追求していて、リアリティのかけらもないのですが(主人公がアンドロイドという設定がリアリティのなさをさらに加速させている)、しかしまぁ別に必ずしもリアリティがなければ作品として優れてないと断定するのもくだらないですし、これはこれでいいんじゃないかという気もしてきました。Hなシーンというわけではないですが、肌を露出するサービスシーンなんかもふんだんにとりこまれており、「萌え系」の百合のなかでは最高峰に位置する作品じゃないでしょうかね。 
百合度?????聖ルームメイト (高瀬 綾)
くしゃみをすることで女の子から男の子に変身してしまう子のお話ですが、女の子として女の子と付き合いたいという気持ちがハッキリしています。男バージョンの自分に嫉妬するような場面も見られますし、百合としてもOKでしょう。百合的には悲恋に終わりますが、せつなくて印象に残る少女漫画の超名作。
パリ~東京,さくら並木(高橋真琴)百合度★★★★☆
百合度★☆☆☆☆狸穴中学バナナ事件 (高橋 由佳利)
巻末収録の「祭りのあと」が百合を含む。(百合度★★★☆☆)百合的に結ばれる結末ではないが、良作。表題作も面白いし、高橋先生のファンの私としては大満足。高橋先生のお話といえば「涙の陸上部」にもちょっと百合っぽいシーンがありましたっけか。
百合度★☆☆☆☆ 恋人プレイ(玉置勉強) 百合っぽい人がいたような記憶がある。百合好き的には特におすすめというわけではないが。
百合度★☆☆☆☆ラブレボ!(なかはらももた) 主人公が同級生の少女に恋をしています。ただこの作品、主人公より表紙のオカマちゃんのほうが強烈すぎて……(笑)。関係ないけど2本目のサッカーの話は好き。
百合度★★★★★バトルアスリーテス大運動会(中野友貴)
2巻以降が百合度高くて良い感じ。ラストはテレビ版より百合度高い。
百合度★★☆☆☆ビューティ ビースト (なかはら 桃太) ちょっとビアンっぽい人が出てきます。百合ではなくイジメものだけど、巻末の「オリジナル編」は非常に面白い。 
百合度★★★☆☆眠る星の昨夜に (名取 ちずる)
表題作が友情モノの百合。ちょっと泣ける。
百合度★★★☆☆エンジェル/ダスト(七瀬葵)見事に女の子しか出てきません。キスシーンあり。萌え系としてはかなり良い出来。  
百合度★★☆☆☆薔薇姫(西 炯子)
百合度★★☆☆☆だまっていればの花愛ちゃん(長谷川 潤)ひたすら明るい作品です。双子のドタバタものが好きな人は是非。長谷川ファンにはシリアス好きとギャグ好きで分かれる事が多いですが、私はやっぱりギャグ派かも。るう子のふりをして悪事をはたらくひな子ちゃんが極悪で良いですね(笑)。 
百合度★☆☆☆☆続・だまっていればの花愛ちゃん(長谷川 潤)『だまっていればの花愛ちゃん』の番外編が2本収録されてます。双子の中身が入れ替わる話とか楽しいです。

ベリィ×ベリィ(長谷川潤)
百合度★★☆☆☆友情ものですが、ノリがよくて面白いと思う。【ストーリー】能天気で、世間知らずのお嬢様・実果鈴が、家を飛び出し、友人の万実子と同居をすることに! 恋と友情にゆれる、2人のおかしな同居生活は一体どうなる!?  
百合度★★★★★ピエタ(榛野 なな恵)ドラマティックで運命的な女性同士の物語。レビュー
百合度★★★★★秘密の花園(藤井みほな)陸上部の主人公が格好良い朔耶に出会い、それまで灰色だった自分の人生が薔薇色に変わっていく話。「りぼん」でここまであからさまな百合作品を連載できたのは快挙です。主人公は最後のほうで朔耶が女性であることに気がつきますが、抵抗なく受け入れて女性同士で抱き合います(抱き合った主人公が半裸になっていてやっちゃったように見えるシーンもあります)最初から朔耶が女性であることに気がついていながら主人公に執拗に嫉妬する姫子も可愛いですね。表紙は女の子同士で結婚式です。
百合度★★☆☆☆ 1/2ハート(藤村 真理)双子が一人の男の子を同時に好きになってしまうお話。ネタバレになりますが男は死にます(笑)。ショックを受けるふたりは一緒に入水自殺を図りますが、結局は死に切れなかった妹が姉を助けます。ポケットに残っていたチョコレートをふたりで分けるシーンがジーンときます。恋愛関係ではないですが深い絆を描いています。藤村先生のこういうシリアスな話は本当にすごいと思いますね。
百合度★★☆☆☆KURAU Phantom Memory(星樹)
百合度★★★★☆アクセル―東京ベクター (松原 あきら)
絵柄も完璧。一緒にお風呂とか百合的に美味しいシーンもあり。
「ひみつのアンジェリス」と同じ作者さんなんだけど作風が全然違ってるので気がつかない人も多いかも。この頃のほうが絵柄的には万人向けだったような。
百合度★★★★☆ぱらりらろまん むっちりむうにい短編集(むっちりむうにい)百合なお話が2本入ってます。ちょっと設定がごちゃごちゃしてますがキスシーンなどもありますし、良いのではないでしょうか。キスして力を解放するという設定は今思うと「シムーン」に似てるかも。
百合度★★☆☆☆Wの庭園(望月花梨)ひとり百合っぽい娘が出てきます。「私ね男ってキライよ。だってさ女の子みたいにキレイじゃないしいい匂いもしないし乱暴だしねぇ」よく言った、そのとおりだー!!(笑)私この作者さんは大好きです。また執筆復活しないかな〜。 
百合度★☆☆☆☆緑の黒髪(望月花梨)対象作は収録作品の「シャボン」。
行方不明になってしまう姉を探しにいく話です。オチはヘテロっぽいですが作品としては良いと思います。
百合度★★★☆☆きょうはアラシ やまざき 貴子 主人公の若菜とお嬢さまの紫野がいい感じです。『っぽい』の女同士版といったところ。『っぽい』にもちょっと百合っぽい場面が13巻とか所々にありますね。
百合度★★☆☆☆晴れてカラカラ (やまざき 貴子) 『きょうはアラシ』の続編。特に百合度が高いというわけでもないんですが、男性も絡まないし百合好きでも安心して読んでいられます。百合好きの間では全く話題になっていませんが、私なぜかこの作品めちゃくちゃ好きなんですよね。まったりした雰囲気とか、お嬢様の紫野と若菜のやりとりとかがたまらない。
百合度★★★☆☆インディゴ・ブルー(やまじ えびね)「LOVE MY LIFE」と同じくビアンものだが、こっちのほうがやや男性がよく絡むか。 
ばちかぶり姫(山本夜羽音) 百合度★★☆☆☆レビュー
百合度★★★★☆蒼い海のトリスティア(結城 さくや)

刻の大地
(夜麻みゆき)
グレンさんの情報より。

戻る


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット